引越し業者 選び方

引越し業者の選び方@お得に引っ越し

引越し 選び方

引越し 比較

引越し 見積もり

引越し 価格

引越し 料金

 

引っ越しにおいて一番大変なのは、引っ越し業者を探すことです。
日本にはたくさんの引っ越し業者があり、その中から一番条件の良い引っ越し業者を選ぶのは骨の折れる作業です。

 

テレビコマーシャルでお馴染みの大手の引っ越し業者から、郵便受けに入るポスティングチラシでしか見ないような小さな引っ越し業者まで、実にさまざまです。

 

自分の条件に一番合う引っ越し業者を見つけるには、見積もりを取って比較するしか方法はありません。
何度も引越し業者に電話して見積もりを依頼するのは大変ですから、便利な一括見積もりがオススメです。

 

必要事項をどんどん入力して1回送信するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

引越し 平均

 

新居が決まって、いつ引っ越しするのか決まってから見積もりするのがオススメです。
料金を重視するのか、有名会社に依頼して安心を重視するのかは人それぞれです。

 

良い引っ越し業者を選んでくださいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引っ越しの手順

 

引っ越し 手順

 

引っ越しの手順を知っておくと便利ですから、引越し前におおまかな手順をぜひ一度確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
つまり新居が決まらないと正確な見積もりが出せないので、引越し業者への見積もりのタイミングは新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引っ越しの際、荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンがかかり、引っ越し費用が高くなるのです。
不要な大きな家具や不要品は売ったり、あげたり、捨てたりどんどん処分して、荷物を減らしてください。
使わない季節の洋服などから梱包していきましょう。

 

市外への引越しする時は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
こちらは引越しの2週間前から提出することができます。
うっかりして出し忘れるとわざわざ提出しに戻るか、役所に連絡をして必要な書類を郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いておきましょう。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらってくださいね。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡を。
同じ市内での引越しするなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引っ越しによって、郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
しかし最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この間に「引越ししました」という連絡を各所にしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具や家電の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて、紙に書いて業者に渡しておくと便利です。
しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越し後2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行って、市内引越しなら転居届を、市外引越しなら転入届を提出します。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
身分証になるものはお早めに。
うっかり放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界では3月がもっとも依頼数が多く、この時期を「引越し業者の繁忙期」と呼びます。
繁忙期は4月からの新学期が原因で起こります。

 

新大学生や新社会人が新学期から新しい社会に飛び込むため、3月に引越しをするのです。
大学の近くで一人暮らしを始めたり、会社の寮に入ったりします。

 

そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動による転勤です。
日本の企業は多くの支社を持ち、春と秋に大規模な人事異動を行います。春の人事異動が新学期前に行われるのです。

 

転勤による引越しは遠距離であることも多いため、引越し費用がかなりかさみます。
繁忙期で家族での遠距離引越しだと、冗談抜きで「100万円かかる」と言われることもあるので、可能であるなら繁忙期を避けましょう。

 

そしてどうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼し、契約まで完了しておきましょう。
遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪依頼を断られます。

 

繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越しの見積もりについて

 

安く引越したい
でもできるだけ簡単に、たくさんの業者から見積もりを取りたいですよね。
それは可能です。

 

今はインターネットの時代です。これを利用しない手はありません。
あなたの引っ越し情報、物件の場所やエレベーターの有無、荷物の量、引っ越し希望日などを入力するだけで複数の引っ越し業者からの見積もりが取れるのです。

 

100社以上の業者と提携!と言われると驚きますね。

 

そんなにたくさん来られると困る!と思うかもしれませんが、それは登録している業者の数であって、実際はあなたの入力した地域に対応できる業者からの見積もりしか来ませんのでご安心ください。
比較してみると違う
以前は立ち合い見積もりが当たり前でしたが、何社も来てもらうのは時間もかかって大変ですし、最初に来た営業担当者に押し切られて契約してしまうケースも少なくありませんでした。

 

見積もり金額とサービス内容を比較して、自分でゆっくり決めたいですよね。
自分で引っ越し業者を選ぶという作業が、満足度の高い業者選びになるのです。

 

「○○引っ越しセンターさんの方が安かったので、そちらにお願いしようと思っています。」と言えば他の引っ越し業者にも断りやすいですし、業者によってはもっと安くします!と金額を下げてくれる事もあります。

 

引っ越し業者が競争することで自分の希望金額まで下げられる可能性が出てきます。

 

引っ越しは、土日祝日、月末に多くなります。

 

ということはこれらの時期を避けられるなら安くなるチャンスがあります。
引っ越しまでの日数が少ないと決断を急がされて損をするかもしれませんので、早めに引っ越し業者に見積もりを取って交渉のチャンスを手に入れましょう。
一人暮らしならなおさら費用を抑えたいですね。

 

 

引っ越し料金

引っ越しを安くしよう

 

例えば同一県内での引越し、1階から2階への引越しでエレベーター無しというありふれた物件でも、荷物の少ない人と大きなソファがあって窓からしか入らない人とでは
引っ越し料金が同じはずありません。

 

引っ越し作業の手間が異なるため、料金は一律いくらと表示できないのです。
ですからどんなに面倒くさくても、引っ越し業者に見積もりを依頼するという作業は外せないのです。

 

インターネットで、「安い引っ越し業者は?」で検索するといろいろな情報が出てきます。でも100%の利用者がおすすめしている引っ越し業者に出会えることはまずありません。それは引っ越しが1人1人違っているため比べることができないからです。
一人暮らしの引越し業者の選び方は一括見積もりがおすすめです。